夏休みの帰省

夏休みをとって、一週間ほど実家に帰省しました。
私の実家は離島で、いつも帰るときは船を利用しています。

地元を離れて10年以上経ちますが、日頃都会で生活・仕事をしているので、いつも帰省は楽しみです。

帰省は夏だけでなく、年末年始やGWも帰っていて、この時期は地元の夏祭りの日に合わせて帰っているので、夏祭りの初日に開催される花火大会も毎年見ています。

地元は電車もコンビニもないところですが、その環境で育ってきたので何も不便には感じません。
むしろ、都会の喧騒から逃れて、セミや虫の大合唱につつまれのんびりとしているのが癒されます。
そして何より、おいしいご飯が食べられるのが本当にありがたいです。

いつもは一人なので適当に済ましたり、会社の人と飲みに行ったりしますが、実家で食べるご飯は本当においしいです。
慣れ親しんだテーブルで、大好きな家族と食べるからだと思います。

おかげで今回も、ちょっと体重が増えて実家から戻ってきました。
実家から帰ってくるとき、船が桟橋から離岸するといつも寂しい気持ちになります。

そして一人暮らししている自分の家に戻ってくると、当然誰もいないのでとても静か…なのですが、帰って来た日は耳の奥にセミや虫の大合唱が残っていて、幻聴が聞こえます。

来月法事があるのでまた帰るので、その日が楽しみです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です